開幕は厳しい


カテゴリ


[PR]



2011年03月06日(Sun)
開幕は厳しい

阪神タイガースのオープン戦は投手陣が好調のまま、試合を消化しています。
先発候補がほとんど失点せずにここまできていますので、先発5・6番手争いをしているメンバーは、1回の失点でも開幕ローテーションという意味では致命的な影響がありそうです。

そんな中、秋山投手は中日との教育リーグで登板し、3回3失点と結果を残せませんでした。
内容はよくわかりませんし、この中日戦2試合ではほとんどの投手が失点してますので、何か難しい面があったのかも知れませんが、相手が二軍ということもあり、開幕ローテーション入りはかなり難しくなったと言えると思います。

ただ、長いシーズンです。同じメンバーでローテーションをまわせるのはせいぜい1ヶ月ですから、いつでも取って代われるように準備しておくことが重要です。

秋山投手の場合、コントロールがかなり重要だと思いますので、簡単に投げすぎないように意識を変えていく必要があると思います。
これも2年目の壁だと思いますので、なんとか乗り越えて欲しいものです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存